開業サポート
店舗家具トップ > 店舗家具トピック >雨ざらしでも大丈夫?ガーデンテーブル

雨ざらしでも大丈夫?ガーデンテーブル

ガーデンテーブル、といえば主に屋外での使用となります。
屋外可とはいえ雨ざらし・出しっぱなしで大丈夫?お手入れはどうやってするの?そんな疑問に素材別にお答えしていきます。

ガーデンテーブルは雨ざらしでも大丈夫?

雨に濡れても大丈夫!しかし雨ざらしは・・・

ガーデンテーブルは基本屋外設置することを想定しているので雨対策をしているものが多いです。
しかし屋内とは違う過酷な状況下では劣化して当たり前。雨ざらし・直射日光の当たり続ける状態で置きっぱなしにしておくのは劣化を早めてしまいます。
どの素材も使用後はしまう濡れ・汚れはすぐに拭き取るといったこまめなお手入れをすることにより、より長くお使いいただくことができます。
では、素材別に特徴とお手入れ方法を見ていきましょう。

P.P.(ポリプロピレン)

ガーデンテーブルの定番素材・P.P.(ポリプロピレン)。軽量で防水、耐薬品性に優れているため、 持ち運びが簡単で雨が降ってもさっと拭けばすぐご使用いただける扱いやすさが魅力です。 他の材質に比べ比較的安価です。しかし、直射日光や紫外線、常に雨水に晒すことにより劣化が早まるので パラソルと合わせて使用したり使わないときはしまったほうがより長くお使いいただけます。

お手入れ

湿らせたタオルでの拭き取りをおすすめします。汚れが落ちにくい場合には、ぬるま湯と少量の中性洗剤を含ませた柔らかい布で拭いてください。水拭き後はすぐに乾拭きしてください。

  • SC1022SC1022
    プールサイドにぴったりのローテーブル
  • IT1823IT1823(折りたたみ式)
    センターホール付のガーデンテーブル
  • SC1026SC1026
    高さの調整が3段階で可能です。
  • GT1015GT1015
    センターホール付のガーデンテーブル
  • GT1040GT1040
    グリーンとホワイトの2色展開です
  • S・CG-5429・TS・CG-5429・T
    軽量で扱いやすい普及タイプ

その他ガーデンテーブルページはこちら

チーク材

チーク材は油分を豊富に含み丈夫、防腐効果が高く、また水に強いことからガーデンテーブルにはおすすめの高級素材です。
しかし、全く見た目の変化がないわけではなく雨や紫外線の影響でチーク色から次第にシルバーグレーに変色します。
この経年変化を欧米ではあえて楽しみます。

チーク材の経年変化

お手入れ

色の濃い飲み物等をこぼしてしまった場合は染みになることがあるので濡れタオル等で直ちにふき取ってください。
それ以外に汚れが気になる場合は水分を含ませたブラシで汚れを取り除いてください。
経年変化により表面がざらつく場合にはヤスリをかけることによりなめらかになります。 屋内で使用するチーク材には専用オイルを使用することがありますが、ガーデン家具のように主に屋外で使用する場合はオイルでのお手入れがカビ・色むらの原因になる場合があります。専用のオイルを使い、使用方法をしっかり守ってお使いください。

その他ガーデンテーブルページはこちら

ポリエチレン樹脂

ポリエチレン樹脂は耐候性や耐久性に優れた性質を持ち、屋内はもちろん、 雨ざらしでも劣化の心配が少なく、難燃性で安全な素材です。編み込むことによりラタン調のガーデンテーブルとしてお使いいただけます。
アルミフレームを骨組みに使用しているタイプは重量が軽く持ち運びもしやすくなっています。

お手入れ

タオルでの水拭きをおすすめします。汚れが気になる場合は薄めた中性洗剤をつけて拭き取ってください。 雨等で濡れたまま日陰に放置するとカビの原因となりますので拭き取ってください。

その他ガーデンテーブルページはこちら

アルミ

1円玉にも使用されているアルミはステンレス以上に錆びにくいといわれる材質です。 その錆びにくさから、窓のサッシや車のホイールに使われています。 錆びが発生しても、白い膜となってそれ以上の錆びの進行を防ぎます。 更に重さが鉄と比べて約1/3と非常に軽く、設置・撤去も他の金属製テーブルより楽に行えます。

お手入れ

中性洗剤等で汚れを洗い落とし、その後水洗いで洗剤を完全に流し取ります。

その他ガーデンテーブルページはこちら

スチール

物が衝突する、擦れる、局所的に大きな荷重がかかるといった用途にはアルミよりもスチールの方が向いています。しかしスチール単体だと錆びやすいので塗装によって幕を張り、防ぐ必要があります。
[粉体塗装]はキズがつきにくく、耐熱性・耐油性にも優れています。
[ガルバナイズ処理]は、鉄など金属の酸化(サビ)を防ぐために電界処理するもので、仕上がりが無機質になるところからあえてデザインとして使われる事が増えてきました。

お手入れ

日常的にからぶきでのお手入れをおすすめします。汚れがある場合は薄めた中性洗剤でふき取り、必ず濡れたままにせず乾いた柔らかい布で拭き取ってください。アルコール等を使うと錆びや変色の恐れがあります。

その他ガーデンテーブルページはこちら

トパリット(メラミン)

トパリットは全天候性のオーストリア製テーブルトップです。 40年以上もの間テーブルトップや窓枠商品を製作し続ける世界中で信頼と実績のあるメーカーです。 オリジナリティー溢れる天板柄が魅力です。

※トパリットの屋外での耐用年数は2~3年が目安です。但し、使用環境によって耐用年数は異なります

お手入れ

メラミン化粧板と同じで柔らかい布で水拭きを行ってください。 その後、乾いた布できれいに拭き取ってください。 油汚れ等は、柔らかい布またはスポンジに中性洗剤をつけて拭き取ってください。 その後、水分はきちんと拭き取ってください。

その他ガーデンテーブルページはこちら

アルミ鋳物

鋳物とは溶かした金属をあらかじめ作製しておいた鋳型に流し込み、それを冷やすことで固めるというもの。一度鋳型を作ってしまえば、同じサイズや形の製品を大量生産することができ、薄い製品やデザイン性の高い製品の製造も可能です。アルミ鋳物はその素材の柔らかさから加工性に富み、様々な形に成形しやすいのが特徴です。

お手入れ

柔らかいスポンジに中性洗剤をつけてよく洗って下さい。表面に傷がつくと腐食の原因になります。

その他ガーデンテーブルページはこちら

おすすめ店舗家具トピック