開業サポート

テーブル関連用語

天板や脚の素材など、関連する用語をご紹介。

突板(つきいた)
天然木を薄くそいだもの。この突板を合板の基材に接着したものが天然木化粧板または化粧合板といわれています。

メラミン化粧板
パターンが転写された紙にフェノール樹脂を含浸し、加熱、加圧して熱硬化性のメラミン樹脂でコーティング仕上げを施したもの。塩ビ化粧板などにくらべて耐熱・耐薬品・耐摩耗性に優れ、デスク、テーブルの表面化粧材として普及しています。

MDF
ファイバーボードの一種。木材の繊維を原料として接着材を加え、加熱圧縮成型した中質繊維板の呼称です。従来のおアーティクルボードに較べて密度が均一で強度が高い特徴があります。

積層合板
薄い板状に製材した木材を接着剤で貼り合わせた合板。一般に「ベニヤ板」と呼ばれています。強度が高く、ソリや歪みなどの変形が生じにくく、比較的安価。表面に突板やポリエステル樹脂板を貼り付けた化粧合板もあります。

積層材と集成材
合板も積層材の一種ですが、異種材料や厚みの違うものを重ねたものを総称します。集成材は主にソリッド材を接合したものが多く、無垢材の質感が得られます。

パーティクルボード
木材を切り刻んだチップを合成樹脂で固めて板状にした素材。削片板、チップボードとも呼ばれ、芯材などの使われます。

ソフトエッジ
家具の切断面を弾性のある合成樹脂で覆い、衝撃を緩和し、人体を保護するもの。

アルミダイキャスト
アルミニウム合金の溶湯を高圧力で金型に注入する鋳造法。

鋳物
金属を溶かし、鋳型に流し込んでつくった物。複雑な形状をつくるのに適しています。

テーブル以外の家具用語もこちらでご覧頂けます。

おすすめ店舗家具トピック