開業サポート

受付業務で使用するカウンターの選び方

受付カウンターの寸法について

受付カウンターを選ぶ際に見た目だけではなく用途や業種にあった適切な受付カウンターを選ぶことで、受付業務を円滑に行うことができます。

ここでは高さや特徴についてご紹介します。

受付カウンターの高さについて

受付カウンターには大まかにローカウンター、ハイカウンターの二種類があります。
ローカウンター、ハイカウンターどちらを選ぶべきかお悩みの方にそれぞれのメリットと
特徴をお話いたします。

ローカウンター

ローカウンターは700mm前後の高さのものが一般的です。
お互い着席した状態での対面となります。

ローカウンターイメージイラスト

ハイカウンター

ハイカウンターは1000mm前後高さのものが一般的です。
来訪者とお互い立ったまま対面することが主になります。

ハイカウンターイメージイラスト

メリット・特徴について

ローカウンター:ローカウンターは高さが低めに作られており、お客様が座って対応を受けることになります。
お客様と同じ目線で会話することができるのがメリットです。書類業務や説明業務などに向いています。
クリニックなどでは高齢者、車いすの方など立ったままが難しい方でも安心して利用できるでしょう。


また、足元にスペースがあるので荷物置きかごなどを設置すれば荷物置きのスペース確保も可能になります。

ローカウンタースペース

ハイカウンター:ハイカウンターはお互い立って対応します。
そのため来訪者が多い場面で迅速な受付業務を行う際にはハイカウンターは活躍するでしょう。
カウンター越しにお客様を見渡せるのもメリットです。
カウンター内側には棚がついているので書類や備品などを収納できます。

カウンター内側収納

まとめ

今回お話しした中で、まずどのような方が多く利用されるか、どのような作業内容が多いかなどの要素を考慮して利用者が快適な作業を行えるようニーズに合った受付カウンターの高さをお選びください。

カウンターシリーズご紹介

当店、(株)ピースワークでも受付カウンターシリーズ取り扱いしておりますのでご紹介いたします。

カウンターHCT・LCTシリーズは白色を基調としたスタイリッシュなデザインです。
ハイカウンター・ローカウンターの2通りのラインナップがあり受付はハイカウンターで、その他の書類業務や説明業務はローカウンターで、といいとこどりのカウンターシリーズです。

抗ウイルスハイカウンターVHCTシリーズは木目調の温もりを感じさせるデザインです。

立って使用できる高さのレジ台や手荷物台などのラインナップもあるので必要に応じて使いやすくレイアウトできます。

レジハイカウンターにはコードをすっきり隠せる配線ホールや引き出しなどの機能もあります。

VLCTシリーズとの組み合わせも可能です。

抗ウイルスローカウンターVLCTシリーズはVHCTシリーズと同様の木目調カウンターです。

ローカウンターにはパネル付きのカウンターがあり、お客様個々のプライバシーを守ることができ、説明業務や書類業務にも最適です。
抗ウイルスハイカウンターVHCTシリーズと組み合わせて利用することもできます。カウンターシリーズVHCT・VLCTはどちらも抗菌・抗ウイルス仕様となっています。

関連記事