店舗・業務用家具

ご利用可能クレジットカード

  • NICOS
  • Master
  • JCB
  • AMEX
  • VISA
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

業務用家具の店舗家具@ピースワーク
店舗家具トップ > 店舗家具トピック >テーブルとイスの高さ関係について

テーブルとイスの高さ関係について

今回はテーブルとイスの位置関係、高さのバランスについてご紹介したいとおもいます。
高さが合っていないと座りづらい、立ちづらい、食事がしづらいなどの問題が生じてしまいます。

まずは、カフェ・レストランなど食事がメインのケースです。

カフェレストラン

一般的にテーブルの高さは700mm位が飲食店に多い高さになります。
テーブルの上からイスの座面の間が250mm〜300mmのスペースがあると
食事がしやすい姿勢で座ることができます。
右の図のようなソファーベンチタイプの場合も同様です。

 

続いてはクラブ・ラウンジの場合です。
クラブ
クラブやスナックなどゆったり座るソファー席の場合はテーブルが低めになります。600mm前後の高さが一般的です。
ドリンクがメインの場合はテーブルとソファーの間に余裕をもたせてゆったりとくつろげるスタイルが
多くなるため、テーブルが高いと飲み物も取りにくくなってしまいます。
目安として200mm〜250mmの差が適切です。

 

次にカウンター席の場合です。
カウンター席
カウンターの高さに合わせてイスの高さを調整します。
目安として250mm〜300mmの差が適切となります。
また、カウンターテーブル側に足を置くステップが無い場合はイスにステップが必要になります。

 

テーブルの高さは脚の仕上げ高で調節することができます。
また、脚カット対応のイスもありますのでそちらでの調節も可能です。
カウンター席はテーブルの高さに合わせてイスを選ぶ場合が多いと思いますが、カウンターイスの種類は
下がSH600前後から、上はSH800mm前後の商品がありますのでSH別の一覧をご参考ください。

>>店舗家具トピック一覧へ戻る

おすすめ店舗家具トピック